血糖値 ダイエット

血糖値とダイエットの関係 生活習慣で糖尿病を予防

血糖値が高いと、食生活・運動不足の改善を求められます。今までの生活習慣と比べると、ダイエット志向な生活習慣になります。ここで「ダイエットか…」とマイナスに考えるのはお門違いで、今までの生活習慣の乱れていた点を正すとプラスに考えるべきです。

ただ「私太ってないのに」と思う人もいるでしょう。

必ずしも、血糖値が高い=肥満ではないので、太っていなくても運動不足や、遺伝的にインスリンの分泌が弱い素因を持っていたりすれば血糖値は高くなります。

ウォーキング イメージ

その場合運動が必要になりますし、今以上に食生活に気をつけることになります。こればっかりは嘆いても仕方ありません。持って生まれた体質ですからね。それよりも、今現状で血糖値が高いという事の方が危険で、自覚症状は無くても体を蝕んでいる事を知りましょう。

ここでは、血糖値が高いとなぜダイエット的な生活習慣をしなきゃいけないのかを解説します。太ってる人も太ってない人も、血糖値が高い人は最後まで読んでください。

▼こちらのサイトを参考にしました。
Special Thanks:血糖値サプリを活かす血糖値を下げる方法

血糖値とダイエットの関係

まず、血糖値が高いという事実について、どんな原因が考えられるかというと、

遺伝
遺伝的にインスリンの分泌が弱い
肥満
肥満による内臓脂肪の増加でインスリンが効きにくくなる
運動不足
運動不足で筋肉量が少なくなると糖が消費されない上に、体脂肪が蓄積される。
過食・暴飲暴食
食べ過ぎると血糖値が急激に上がり、インスリンが多量に分泌されて一気に血糖値が下がる。すると空腹を感じてしまい余計に食べるという連鎖がうまれ、太りやすくなる。続けるとすい臓が疲れてインスリンの分泌が悪くなる。
ストレス
ストレスが多いと、血糖値を上げるホルモンが分泌されて、血糖値を正常にコントロールできなくなる。
加齢
すい臓の働きが弱くなりインスリンの分泌量が減る。糖の代謝も悪くなる。

これらが複合的に関係して、血糖値が高いという状態になっています。

この中で、遺伝・ストレス・加齢はある意味仕方ない事です。でも、肥満・運動不足・過食・暴飲暴食は改善できますよね?ここを改善させようと思ったら、やはりダイエット志向な生活習慣になります。

血糖値を下げるには【早食い・食べ過ぎ・間食】をやめる

食事をすれば血糖値が上がるのは当たり前ですが、その上がり方が大切なんです。

白飯、ラーメン、うどんなどの炭水化物が好きで、一気に早食いしてしまえば一気に血糖値が上がります。食べ過ぎてもいけません。これらの食品はGI値が高いですからね。

この急激に上がった血糖値を下げようと、すい臓が頑張ってインスリンを大量に分泌します。すると、血糖値が一気に下がります。この時、実際に空腹じゃないのに空腹感を感じてしまいます。いわゆる腹持ちが悪い状態です。

ここで、更に軽食を摂ったり、間食したりすれば、また血糖値が上がります。

これを続けていると、すい臓が疲れてインスリンの分泌が弱まるし、インスリンの効きも悪くなります。つまり血糖値が下がらない体質になってしまいます。さらに食欲のコントロールが下手なので、肥満に繋がります。

ですから、食べる順番を考えて先に食物繊維を摂ったり、低GI食品を選んだりするなど、血糖値を一気に上げない工夫が大切です。そして、間食を減らし、空腹を耐えて慣れることも大切です。

高血糖は自覚症状が現れてからでは遅いです。思い当たる節があれば、今すぐ改善しましょう!

メニュー

血糖値とダイエットの関係トップへ